研究内容

研究テーマ

専門は地域社会学、都市社会学。行政や企業の力だけでは解決できない様々な問題が現代の地域社会には存在しています。そういった地域の問題に対して、市民・住民が互いに協力しあって解決するような事例が多く観察されるのですが、問題のあるすべての地域でそのような動きが生まれるわけではありません。では、「地域力」とでも呼べるようなそのような自発的な問題解決の仕組みはどのように形成されるのでしょうか。同じ問題を抱えていても、ある地域では住民間の協力関係が生まれ、別の地域ではできないのはなぜなのでしょうか。そのような問題をフィールドワークに基づいて明らかにするのが、わたしの仕事の中心的な内容です。

「地域社会を研究する」と言ってもぴんとこない人がいるかもしれません。何を研究する学問なのかわからないとか、そもそもグローバリゼーションが進む現代社会において、ローカルな単位の社会に注目することにどのような意味があるのかという疑問もあるかもしれません。しかし、現代社会で起こっていることを理解し、社会がどう変化するかを予測するうえで、地域社会に着目することの意味はますます大きくなっている、というのが現在の地域社会学の知見なのです。