学会発表

  1. 黒田由彦,1982,「G.Hミードとアーヴィン・ゴッフマンの比較研究」,関西社会学会第33回大会,一般研究報告.
  2. 黒田由彦・小木曽洋司・津村修,1983,「大都市近郊における宅地開発と地域社会の変容―岐阜県可児市の事例報告Ⅱ―」,関西社会学会第34回大会,一般研究報告.
  3. 黒田由彦,1986,「地方核都市における産業構造の再編と地方自治―岐阜県西濃地区大垣市を事例に―」,日本社会学会第59回大会,一般研究報告.
  4. 黒田由彦,1987,「中小都市の視点から―自治と地方圏―」,関西社会学会第38回大会,シンポジウム報告者.
  5. 黒田由彦・中田實・宮本益治・山崎仁朗・林鮮明・徐春陽,1997,「住民自治組織の比較研究―中国の居民委員会を事例として―」,関西社会学会第48回大会,一般研究報告.
  6. KURODA Yoshihiko, 1998, “Community-based Organization in  Contemporary Japan”, International Symposium on Community Resources and Volunteers in Shanghai, November 11-12.
  7. 黒田由彦,2002,「知多半島における地域福祉NPOの展開」,地域社会学会2002年度第2回研究例会.
  8. 黒田由彦,2004,「遠心化・求心化が意味するもの―「<ローカル>の再審」を聞いて―」,地域社会学会2004年度第1回研究例会.
  9. 黒田由彦,2006,「現代中国の住民組織と自治」,日中社会学会第18回大会,一般研究報告.
  10. KURODA Yoshihiko, 2006, “The Feature of Nagoya Metropolitan-region”, The International Conference on Restructuring and   Competitiveness of Major  City-Regions in Northeast Asia, in Seoul, August 24-25.
  11. 黒田由彦,2007,「都市の市民社会への発展の実態」,日中社会学会第19回大会,シンポジウム報告者.
  12. 黒田由彦・徐春陽・谷口功,2008,「外国人労働者が支える地域産業―北海道紋別市・雄武町における中国人研修生・技能実習生を事例として―」,地域社会学会第33回大会,自由報告.
  13. 黒田由彦,2008,「名古屋大都市圏―東アジアにおける位置とその競争力―」,東海社会学会第1回大会,シンポジウム報告者.
  14. 黒田由彦・徐春陽・谷口功・田洪涛,2008,「外国人労働者が支える地域産業―研修・技能実習制度の実態Ⅰ:北海道オホーツク地域の事例―」,日本社会学会第81回大会,一般研究報告.
  15. 米田公則・黒田由彦・松木孝文・木田勇輔,2008,「外国人労働者が支える地域産業―研修・技能実習制度の実態Ⅱ:愛媛県・香川県の事例―」,日本社会学会第81回大会,一般研究報告.
  16. KURODA Yoshihiko,  XU Chu-nyang, TANIG-UCHI Isao, 2008, “Foreign Workers Who Support Local Industries: A Case Study on Chinese Trainees in Local Communities in Japan”, International Sociological   Association Research       Committee 21 on Sociology  of Urban and Regional Development (ISA-RC21) ,   in Tokyo.
  17. 徐春陽・黒田由彦,2009,「現代中国の都市における社会的調整メカニズム―60年代から80年代の日本との比較―」,中日社会学国際研討会,北京q.
  18. 黒田由彦・南裕子,2009,「中国における住民組織の再編と自治への模索」,日中社会学会第21回大会,シンポジウム報告者.
  19. 黒田由彦・田洪涛,2010,「研修生・技能実習生というもうひとつの『デカセギ』―送り出しのメカニズム:中国大連の事例―」,地域社会学会第35回大会,自由報告.
  20. 黒田由彦,2010,「コミュニティ・ガバナンスの日米中比較」,地域社会学会第35回大会,自由報告.
  21. 黒田由彦,2011,「エスノグラフィー再考」第37回日本看護研究学会学術集会.
  22. KURODA Yoshihiko,2011,“Urban Problems in Contemporary Japan”,理解社会:日中社会学家对话,南京大学社会学院,2011.
  23. NISHIYAMA Yaeko,KURODA Yoshihiko,and XU Chunyang,2011,“Urban Regeneration and Transformation of Governance Structure: Why is Reconstruction of Urban Culture Important?”, Urban Culture In The Process of Urban Redevelopment: East Asian Experience,Tongji University (Shanghai, China).
  24. Yoshihiko KURODA,2011,“Disaster Victims away from their Home: A Case Study of Aichi-Prefecture”,International Joint Conference between Nagoya University and US San Diego,Immigration at the National and Local Level: The Impact on Future Economic Growth and Community Relations in Japan and the United States, December 16-17,2011,Nagoya University.
  25. 谷口功・黒田由彦・田中重好,2012,「NPO と地域性−名古屋市における NPO 支援のための政策策定過程に焦点を当てて」,地域社会学会第37回大会,自由報告.
  26. 黒田由彦・髙野雅夫・林良嗣,2012,「人口移動のパターンと社会生活の変貌 —上海大都市圏周縁のK村の事例—」日本環境共生学会第15回(2012年度)学術大会,北九州市立大学ひびきのキャンパス,2012年9月1日〜2日.
  27. 黒田由彦,2012,「愛知県における避難の現状と支援」,社会学系4学会合同集会「原発避難を捉える/考える/支える」(2),法政大学,2012年12月22日
  28. 黒田由彦,2013,「異郷の被災者——愛知県における広域避難者の現状と被災者支援」,山口大学研究推進体公開シンポジウム「東日本大震災3年目の課題」,山口大学,2013年3月9日.
  29. 黒田由彦・徐春陽,2013,「上海市田子坊地区再開発にみるコントロールされた成長」,名古屋大学GCOE・主催日中臨床環境学国際ワークショップ「『成長』と『開発』のパラダイム転換——規制なき成長と『コントロールされた成長』そして『前向きの縮小』」,湯布院・ゆふいん七色の風,2013年3月2日.
  30. 黒田由彦・徐春陽,2013,「上海市田子坊地区再開発にみるコントロールされた成長」,名古屋大学GCOE・主催日中臨床環境学国際ワークショップ「『成長』と『開発』のパラダイム転換——規制なき成長と『コントロールされた成長』そして『前向きの縮小』」,湯布院・ゆふいん七色の風,2013年3月2日.
  31. 田中重好・黒田由彦,2013,「東日本大震災における自治体間支援の研究Ⅰ—問題意識と分析視角」,地域社会学会第38回大会,自由報告,立命館大学.
  32. 黒田由彦,2013,「復興の何が問題か—東日本大震災からの復興プロセスとガバナンス」,地域社会学会第38回大会,自由報告,立命館大学.5/12
  33. Yoshihiko KURODA, 2013, “The Urban Situation in contemporary Japan: Between Urban Regeneration and Urban Shrinking, International Conference on Social Development in Metropolis, Shanghai University.
  34. 黒田由彦,2013,「東アジアにおけるグローバリゼーションと日中関係」,日中社会学会第25回大会,開催校シンポジウム「日中交流の現在」,2013年6月1日(土),成城大学
  35. 黒田由彦,2014,「災害復興のビジョンと現実」,地域社会学会2014年度第1回研究例会,2014年6月28日,首都大学東京.
  36. Yoshihiko KURODA,2014,“Globalization in East Asia and Contemporary  Situation in Northeast Asian Societies”,Japanese Thematic Sessions, Thursday, July 17, 2014, XVIII ISA World Congress of Sociology (July 13-19, 2014).
  37. 辻岳史・黒田由彦,2014,「原発立地地域における復興と『再稼働』—宮城県女川町・石巻市および女川原発UPZ30㎞圏の自治体を事例として—」,日本社会学会第87回大会,一般研究報告、2014年11月23日、神戸大学.